【感覚の鈍麻(30代・女性) vol.175】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【感覚の鈍麻、ダンスパフォーマンス向上(30代・女性) vol.175】

2018.2.20

【石本 美奈子さん(30代・女性)の声】-vol.175-
来院時の主な症状:感覚の鈍麻、ダンスパフォーマンス向上
施術担当者:松プラン(門田)

 

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「ダンススクールのオーナーに連れてきて

もらったのがきっかけでした。

 

特別な悩みがあったわけではなかった

のですが、診察してもらったら異常な

ところだらけでした。

 

大きな症状としては、まず、生まれた時に

へその緒が首に巻きついていた影響で

疲れや痛みに対する感覚があまりあり

ませんでした。

 

また、右腰の筋肉の硬直がかなりあったようです。」

 

≪②症状の変化・感想≫

→「治療を進めていくうちに、体全体の感覚が

はっきりしてきて、左足の外反母趾に痛みを

感じるようになってきました。

 

もともと左足首の感覚が鈍かったらしく、

そこから外反母趾になったようです。

 

今は、左足の外反母趾が治り始め

足首の感覚もはっきりしてきて体の

動きがスムーズになってきました。

 

そして、左足で立てるようになってきたからか

右腰のこりも以前よりもはっきり感じるように

なってきました。

 

手技道に来て、“痛みを感じる”ということは

体の異常を知らせるサインだということ、

 

そして、それを感じられる体になることが

大切なのだとつくづく思いました。」

 

 

[担当の門田から、石本さんへのメッセージ]
→「最初の方は、痛みの感覚が鈍く

神経系の問題が多くありました。

 

途中から生まれた時のあざの影響で

左足が上手く使えていないことが分かり

そちらの治療を始めました。

 

本当に時間がかかり、大変だったと思いますが、

よく痛みに耐え、頑張っていただきました。

 

最初から比べると、見違えるほどバランスが

変わりました。

 

引き続き、お手伝いさせていただければと

思います。

 

ありがとうございます。」

 

≪直筆アンケート≫