無理をしないようにするには?

【手技道コラムNo.193】~無理をしないようにするには?~

2017.12.29

こんにちは、手技道の門田です。

 

今年も残り数日となりました。
よく、皆様から20歳を超えると
時の流れが早く感じるよと言われていましたが、
今年ほどその言葉を実感した年はなかったかなと思います。

 

今年は私にとって、20代最後の年でしたが、
本当に20歳から、この10年弱は「早かったな~」と改めて思います。
それだけ、本当に色々な方々と関わらさせて頂いたおかげだと思います。
本当に有難うございました。

 

今回のコラムを書くのにあたり、色々と悩みました。
あまりにも書きたい事が多くて、
自分自身でまとめられそうになかったからです。

 

今年一年の手技道セミナーの事、自分自身の体調や体重の事、
いつも御来院頂いている皆様からの質問を含め、
身体に関する事、今年1年頑張ってくれたスタッフの事…etc。

本当に今年も色々な事がありました。

 

手技道コラムの100回目で、
ありがとうについて考える」というコラムを書きましたが、
本当に「有り難い」1年だったなと思います。

 

そんな書きたい事は色々ある1年だったのですが、
今年1年を振り返って一番伝えたいなと思った事が1つありました。

 

それは「無理をしない」という事です。

 

・・・・・・

そんなの無理だーっという声があちこちから飛んできそうな気がします。

お前が言うな!っというお叱りの声も感じました(笑)

 

年末、年の瀬も押し迫ったこの時期、特に忙しい時期だと思います。
ただ、私も経験があるのですが、
体に無理をかけると必ずどこかで反動がきます。

症状の大小はそれこそどれだけの負担が
今までにあったのかという部分に関わってくるので、個人差が大きいですが、
どんな人にも必ず起こります。

それが今なのか、2~3年後なのか、
20年後かは人それぞれですが、逆に今それを感じられていないのであれば、
神経系が鈍麻している可能性があります。

 

 

一昨年心臓負担がかかっている人は
こんな所に注意ですねというコラムを書きましたが、

(その時のコラムは→こちら

年末になってくると、特に今まで無理されていたんだろうな~
という方が駆け込みで来られます。

 

こうやって手技道を知って頂いている方や、
実際に来院して頂ける方はまだ良いと思います。

なぜなら、自分の体をケア出来る環境があるという事は
自分でどうしようもなくなっても
回復するチャンスがあるという事だからです。

でも、もし知らなかったり、
自分の体の事に注意を払わずに、
自分の体の事をほったらかしにしていたら、
ずっと永遠に溜めていくままです。

 

その先はもう言わずもがなだと思います。

 

よく大病をして、
「色々言われているけれど、自分だけは大丈夫と思った」
という声も聞きますが、
やはり人間というのはそんなに強くないです。

使えば使うだけ、無理をかければかけるだけやっぱり蓄積します。

 

もともとの原遺障害がある場合や、体が弱い人はなおさらです。

 

その為にも、自分のセーフティーゾーンというか、
ここまでいくと危ないなという基準を持っておく事は
とても大事だと思います。

それが冒頭の「無理をしない」という事につながってきます。

 

私自身、とても切り替えが下手で暇があったら
仕事をしていたいと思ってしまうタイプなのですが、
どこかで切り替えないと反動が出てしまいます。

その事で色々と失敗もして、多くの方に助けていただきました。

 

その経験を通して思うことは、
自分ができる範囲と出来ない範囲の区別をして、
出来る範囲の事はもちろん全力でやり、
出来ない範囲の事に関しては頑張っても出来ないので、
誰かに任せる、お願いするという事です。

 

特に真面目な方の場合、出来ない自分を恥ずかしいと思ったり、
なんでこんな事も出来ないのだろうと自己嫌悪に陥ってしまって
さらに頑張ろうとしてしまい、
心身共に疲れ切ってしまうという事がよく起こります。

心の疲れは特に見えにくいので、
溜め込むと鬱病や神経症といった症状につながってしまいます。

一度そこまで行ってしまうとやはり、
治すのには時間がかかってしまうので、
その手前でいかに食い止めるかが重要なのですね。

 

一つ私自身の経験から、役に立ったなと思う思考は、
出来ない事に対してある種の「開き直り」ではないですが、
出来ない事もしょうがないという意識を持つと
それだけで随分心が楽になりました。

 

自分が出来る事を甘えて、
出来ない言い訳にしてしまう事は良くないですが、
出来ない自分を認めてあげるという意識に近いかもしれません。
出来る人にお願いをすると良いですし、
その方が絶対的に効率が良いです。

「無理をせず、自分の出来る事を精一杯やる」、
「その為に自分の中で基準をつくる」、
ある意味すごく難しい事かもしれませんが、
それが出来る事でより楽しい人生になるような気がしています。

 

今回はここまで。

今年も一年本当にありがとうございました!

 

来年もどうぞよろしくお願い致します。

来年ですが、1/8~の週に新年度のコラムを
アップさせて頂きますので、
こちらもどうぞよろしくお願い致します。

 

では、良いお年をお迎え下さいませm(__)m