【手技道コラムNo.146】~健康の慣れ 習慣の慣れ~|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【手技道コラムNo.146】~健康の慣れ 習慣の慣れ~

2017.2.6

 

皆様、お元気でしょうか。

手技道の多治見でございます。

 

先日1月末-2/2まで治療院を休診させて頂き、

海外のゲストの方と研修に行ってまいりました。

ご本人のご希望でスキーがしたいということで、

行き先は長野の蓼科。

 

年始のコラムで体力増強としましたが、

スキー自体はもう10年以上行っていない

(且つ人生でも子供時代合わせて5回位)

ので、滑れるかドキドキしていましたが、

他の参加者のご指導のお陰で、2日でなんとか人生初パラレルが出来ました。

ありがとうございます。

 

セミナーでは、様々なエネルギーについてや、世界についてなどの

面白い話を伺えましたが、大変難しい内容でもありましたので、

またいつかもう少し理解出来てからお話できればと思います。

 

今回は健康の状態維持や、向上についての考え方について

一部セミナーで習ったことも含めてお話させて頂きます。

精神論的な面や、生き方についても含むので、

少し難しいかも知れません。

さて、前述のコラムでも運動の大切さとともに、

朝の掃除について宣誓させて頂きました。

何とか継続して続けさせて頂いて居ます。

 

何事も継続が大切というのは、誰しもが聞いて知っていることだと思いますが、

そう言われるだけあって、継続というのは簡単なようで難しくもあります。

 

◯健康の慣れ

さて、こと健康においても、常に万全な状態を保つことも同様に難しい場合があります。

 

また、私達、施術者と患者さんにおいては「万全」の意味が違い、

ご本人が健康な万全状態でないことに気付いていないことも往々にあります。

 

これまでのコラムでも自分が健康と思っている人が実は麻痺しているだけという話は何度か書いてきました。

これは肉体(外傷や疲労など物的な原遺障害)から来る麻痺です。

 

逆に精神面でも麻痺もあります。

人間は精神的なストレスが継続しすぎると、

自己防衛のためにも精神的に麻痺する場合があります。

特にいじめや虐待などは、その最たるものですが、

肉体、精神を問わず、病気になった方は、

その辛さ(ストレス)を感じ続けると先に心や神経が壊れてしまうため、

敢えて感じさせなく成るわけですが、

この状態でもストレスそのものは意識していないだけで継続して感じては続けます。

こういったストレス状態はネガティブな思考を引き起こしやすくなります。

 

今回セミナーの話の一部でも、意識の善悪、例えばポジティブな思考や愛情、善意に対して、

ネガティブな思考や憎悪、悪意などは、細胞に(原子)にある電子の増減に影響するそうです。

 

マイナスの感情は電子を遊離させることで、細胞変質を起こし、老化、病気、機能低下、

もっと言うならがん細胞を増やすことになります。

 

今回私も掃除を継続して行うことについて注意したことが、

①やらなくてはならないことではなく、やりたいことと考える

②惰性に成らないよう、慣れてきたら課題を見つける

です。

 

やはり朝早くに起きるよう生活リズムを変えることは大変と感じましたが、

自分で決めたことですから、本当は楽しむのが一番です。

院長からも本当に患者さんに気持ちよく来てほしいと思いながらやると

最高の作務に成ると言われました。

 

まずは習慣にするまでは継続が大切。

しかし、慣れて習慣になり、今度は何も考えなくても出来てしまうように成ると、

課題としての意味がなくなり、精神的な自己成長が止まってしまいます。

 

こと、仕事はじめ万事において言えることで、

特に「行っていることに満足する=自己満足」は健康においても同様で、

治療に頼って自助努力を怠り、中々治らなくなったり、

逆にある程度元気になってきたと感じるとまだ本調子でなくても無理をしたり、

治療をやめてしまう方も居ます。

 

よく若い頃に苦労しろといいますが、

「苦労」というのは、本人が環境や状況に対して「辛い」「嫌だ」と思っているであり、

殆どが責任転嫁や解決策のための努力をしないネガティブな思考から来るものだと思います。

 

対して、たとえ辛いことでも、目標達成のための「努力」や、

自己実現のための「気付き」の為の課題であるなら、

好きなこと、やりたいこととして前向きにいくらでも出来ますよね。

 

勿論自分ではどうにも成らないような辛いことも大変なことも有りますが、

それも自分の意識や意志がどういった状態にあるかで、受け取り方が全く違います。

 

人間元気がなくなったり、嫌な思いをすれば、

直ぐに怒り、恨み、嫉妬やネガティブな考え方など負の感情が出やすいものです。

ただし、こういった感情は余計に自分も周囲も傷つける状況とエネルギーを生み出します。

 

前述した電子変換のようにマイナス思考は自分を壊し、プラス思考は自分を回復させます。

人間も物体も特定の周波、振動数を持つため、自分だけでなく周囲にもこの振動は伝わり、

ネガティブやポジティブも、憎悪や愛となって周囲に影響を及ぼしますので、

自分だけでなく、周りの大切な方のためにも、これまでも何度も他のコラムでも話したように

プラス思考を持つことは大切だと思います。

その為にはまず自分の行動や考えが、どちらの感情から来ているのか、

常に冷静に俯瞰して見ると、自分がどうすべきか見えてきやすく成るので、

試してみて下さい。

 

今回のセミナーと作務で気付いたことは以上になります。

 

さて、前回は1月のオススメ商品のバンブジェルのお話をさせて頂きましたが、

2月のオススメ商品は「ホメオスター」です。

【手技道コラムNo.137】~骨折した場合どうしたらよいか~でも紹介させて頂きました。

 

IMG_2829

・・・流石にここまでマッチョになる気もございませんが。

このホメオスターについても今度紹介させて頂きたいと思います。

 

 

担当:多治見 誠