【13歳から18歳に、人はどう成長するか ~自己の生涯が決まる・運命の世界~】 ~渋谷・神泉で40年続く手技道という整体の院長ブログVol.3~|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【13歳から18歳に、人はどう成長するか ~自己の生涯が決まる・運命の世界~】 ~渋谷・神泉で40年続く手技道という整体の院長ブログVol.3~

2018.7.14

こんにちは。

渋谷・神泉で40年目になりました。

手技道 院長の村松努です。

 

今月も

月刊誌「たなごころ」に掲載し、

6月にセミナーでお話した内容をまとめたものを

掲載させていただきます。

 

余談ですが、

今年のセミナーでは、下記の写真のように、

「手技道式 運動法」などのレクチャーも

行っております。

 

 

今回は、

中学生、高校生にあたる

13歳から18歳までの成長過程を追います。

 

最後までお読み頂ければ幸いです。

 

 

■13歳から18歳まで、人はどう成長するか

 

13歳から18歳まで、

この時期にその人個人個人の人生が

すでに決定づけられると言っても

過言ではありません。

 

すでに、

これまでの成長してきた発達段階において、

心に決めたこと、思ったこと、

 

さらに霊魂から魂の世界に入った時の

エネルギーの世界の集大成が

この頃に作られます。

 

これまでに育った家庭、学校、社会環境など、

すべてが日本でいう中学、高校時代に

出来上がってくるのです。

 

思想的世界、宗教的世界の胞芽だけではなく、

倫理、道徳、物事の本質、全てです。

 

男女の性も含め、

人間が人間としてどう生きていくか、

社会生活とは何か、

自身がこれからどのように生きていこうか、

 

社会の矛盾、自身への矛盾、

全てがこの時期に学び、記憶したもの、

そして、洞察し、判断する。

 

意識、意志をも身に付けていきます。

 

 

■女性の肉体的エネルギー

 

女性は、初潮から2~3年が一番、

エネルギーがあります。

 

初潮が、11~13歳なら、その2~3年後、

ちょうど、この年に当たります。

 

そのため、江戸時代も含め、

それ以前も15~18歳ぐらいに

お嫁にいったりしたのです。

 

 

それは、

肉体的エネルギーが最もある時期であり、

道理でもあったのです。

 

 

男性も、元服の儀式がありました。

子どもから大人へ、全てがこの時期です。

 

現在、運動選手の能力が

若くなったというのも自然の摂理です。

 

 

■生涯を決める運命の世界

 

学ぶということは、知識だけではなく、

知恵でもあり、思考の世界、精神の総合的、

基本の基盤がこの時期に作られるのです。

 

自己の生涯を決める運命の世界を

すでに決定し始めているのです。

 

これから続く生涯の幾多の苦難、苦労も含め、

運命を切り開くために、

この時期まで定めと宿命の世界の中で、

運命を決定する自己を養っているのです。

 

肯定的、否定的考え、

ポジティブ思考、ネガティブ思考も含め、

すでに、これまでに培われた総てが

18歳までに決定されるのです。

 

 

■一生涯の思いの世界が変化する

 

この年代までに育ち、

楽しいこと、苦しいことが

記憶の中にインプットされます。

 

これ以前のことを忘れたり、

何歳になってもこの頃の話をするのは、

人生において肉体的エネルギーが一番あり、

細胞の一つ一つがこのことを記憶しているからです。

 

 

他方、思い出したくない、忘れている人達は、

精神的苦痛をこれ以上、

記憶の中に留めたくないために、

忘れさろうとしているのです。

 

 

人は、

肉体的、精神的、両者の関わり方によって、

一生涯の思いの世界が変化するのです。

 

 

■おわりに

 

最後まで、お読みいただき、ありがとうございます。

 

皆様は、

中学生時代、高校生時代に

どんな記憶がありますか?

 

楽しい思い出ですか?

苦しい思い出ですか?

 

みなさんの記憶にもわりと

残っている年齢だと思いますので、

一度、時間をかけてゆっくりと

思い出してみるのも良いと思います。

 

何かあれば、私まで、お尋ねください。

 

 

みなさんにご多幸があることを

お祈りしております。

 

渋谷・神泉で40年、

手技道 院長の村松 努でした。