~渋谷・神泉で40年続く整体、手技道~【No.232】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

~自分事として捉える~渋谷・神泉で40年続く整体、手技道~【No.232】

2019.3.23

こんにちは、手技道の門田です。

 

すごく暖かい日だな~と思っていたら、
東京でもサクラの開花が発表されました。

 

サクラは見たいけれど、花粉症が大変という方も多数だとは思いますが、
季節の移り変わりに心を馳せるのも楽しいですよね。

 

さて、今回は甘い物シリーズの第三弾を書こうかなと思っていたのですが、
少し思うところがあり、別の事を書かせて頂きます。

 

また、次回にでも、甘い物については書きたいと思いますので、
お待ちくださいませ。

 

では、今回の話に入っていきたいと思います。
今回のタイトルは「自分事として考える」です。

 

先日、手技道の中での全体のミーティングがあり、
その中で「主体変容」という言葉が出ました。

 

自分自身も初めて聞く言葉だったので、
興味深く聞いていたのですが、
要は「自分が変わらなければ、
人は変わらない」という事です。

 

その時は、「なるほど!」と思い、
「よし、頑張ろう!」と思ったのですが、
実際は分かったふりをしているだけにすぎませんでした。

 

後日、自分が今週、目標にしていた事、何が出来て、
何が出来なかったなと振り返ってみたのですが、

 

驚くほど、目標にしていた事が何も出来ていない!

 

やっぱり、自分事として捉えられてなかったのですね。

 

自分事として捉えるという事は、
言い換えると、「ありのままに起きた事、すべてを受け入れる事」。

 

だけど、感情があるとなかなか、思うとおりにいかないですよね。

 

今週は忙しかったから、出来なくても仕方がない

あの時、もっとこうしてくれれば、出来たのに

これは自分のせいじゃないから仕方がない

 

考えて、行動を変えるのは、やっぱりしんどい事なので、
どこかで自分に言い訳を探して、変化しなくても良い理由を探して
しまう事が私自身よくあります。

 

でも、それを続けていく事もやっぱり、
どこかで納得していないので、
それもしんどい。

 

自分で書いていて、
「面倒くさい人だな~」と思わなくもないですが(笑)、
それも自分なので仕方ないですよね。

 

昨年の手技道セミナーでも、
様々な人が様々な自分の人生、
思いを話して下さいました。

 

これもまた、自分事として、
どう捉えるかだと思います。

 

「もっと頑張れ」と言っているのではありませんので、
そこは間違えないでください。

 

手技道に来院している方も、
多くの症状、難病の方がたくさんいます。

そのような方に、
「努力がたりない」、
「もっと頑張れ」と言っても治るわけがありません。

 

大事なのは、今、自分が置かれている現状、
自分の状態、自分がどうしたいかを考えて、
自分に出来る事を実行する事です。

 

自分に出来ない事は人に頼めば良いし、
やれる事をやれば良いのだと思います。

 

私自身の例で言うと、
忙しくて自分に出来そうにない場合は、誰かに一部お願いして、
出来る所をやってもらえば良いのですが、そのお願いが出来ない。

 

そこに、やはり自分自身の抵抗があり、
自分が変化する事を嫌がっているのだと思います。

 

まあ、でも、思い通りにいく事なんて、
早々ないですし、簡単に出来てしまう事ばかりだと
「楽しみ」もなくなってしまう気がします。

 

起こってしまった事は変えられないですし、
その後どうしていくか、
自分の出来る事が少しずつ増えていくと
「楽しみ」にもつながるかな~と思っております。

 

そして、自分の出来ない事が、誰かに手伝ってもらって出来たら、
たぶんその「楽しみ」は大きな夢につながっていくと信じて、
日々を過ごしていきたいなと思います。

 

まとまりのない文章になってしまって、すみません。

何か、感じるものがあれば幸いです。

 

院長にこの原稿を見せた所、
「生かされている事に感謝し。生きる事を楽しむ、
すべてを楽しんだ時、新しい活力とエネルギーがわきます。」
との事でした。

 

なかなか、実践するのが難しいですね。

 

今回はここまで。
お読みいただきありがとうございました。

 

渋谷・神泉で40年続く、手技道の門田でした。