【手技道コラムNo.82】~子供に与える影響 パート4~|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【手技道コラムNo.82】~子供に与える影響 パート4~

2015.10.29

こんにちは、手技道バイオバランスセンターの門田です。

 

本格的に朝晩が寒くなってきて、暖房器具を出された方も
多いのではないでしょうか?

手技道でもストーブを設置しましたので、寒いなと思われた方は、
遠慮せずお気軽に声をかけて下さい。

さて、今回は「子供に与える影響 パート4」という事で、
「5.妊娠期間と発育期間の食べ物」という事について
お話させて頂きます。
前回のコラムはこちらからどうぞ

妊娠期間と発育期間に食べていた食べ物の質は、
性質を形成する上で決定的な影響を持っており、
体格の全特徴、構造、性格、個性、臓器と腺の気能力を決定します。

あくまでも一般的な傾向ですので、これをベースに様々に変わってきます。
(クリック頂くと拡大します。)

 

妊娠中及び発育期間に食べられていたもの

 

いかがでしょうか?

 

あくまでも一例ですが、来院された患者さんの症状を突き詰めていくと
この妊娠期間に母親が食べていた食事が原因で現在の症状が起きていた
という患者さんがいらっしゃいました。

ここで注意して頂きたいのは、妊娠中だけでなく、発育期間の食事も
症状の原因になってくるという事です。

現代は飽食の時代と呼ばれ、かなり食べ過ぎによる健康被害が
多く出ている時代です。
小学生でも糖尿病の患者さんもいます。

 

やはり食というものは一番身近に関わってくるものなので、
気をつけて食べるようにしたいですね。

 

ただ、やはり究極的には美味しく食べることが一番ですから、
何を食べるにしても感謝して美味しく頂きたいものですね

 

今回はここまで。

次回で最後です。
 「6.家族と社会、文化的影響」というお話です。
お読みいただきありがとうございました。

ではまた。