【手技道コラムNo.148】~骨も身体も頑丈に~ホメオスターのご紹介~|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【手技道コラムNo.148】~骨も身体も頑丈に~ホメオスターのご紹介~

2017.2.19

 

皆様、お元気でしょうか。

手技道の多治見でございます。

 

前回の終わりにホメオスターの告知を行いましたので、

そのご紹介をしたいと思います。

 

その前に、前回健康はじめ、意識の慣れについて書きましたが、

日々努めているとその補足です。

 

先日朝の掃除中、突然話しかけられ、隣の建物の方という人に

いつも掃除をしてくれてありがとうございます、とお礼を言われました。

感謝頂けると思っていなかったので、

見ていて下さったことや、わざわざお礼伝えてくれたことに大変ありがたい思いでした。

 

さて、その日々の早朝掃除の中でも、精神的成長が止まるために起こる慣れ。

成長を止めないために「気付き」を得るよう課題を出すと書きました。

 

その「気付き」に関してですが、

これまで手技道で修行をしている中でミスや苦労含め、

次に活かせることを見つけることと考えていました。

 

ただ、この「気付き」だけでは、本当の自己成長にはなりません。

気付いたことを改善するために、実践し身につけていく「学ぶ」過程が必要です。

どんなことが大変なのか、何に気をつけなければいけないのか、

逆に達成した喜びや、人が行ってくれていることへの感謝など、

実体験を通して見えてくることがあります。

こうして始めて自分の一部として「学び」、自己成長になっていくのだと思います。

また、「学ぶ」際は悪いものをお手本にするのではなく、良いものを見た方が早く正しく学べます。

ただし、自分で考え悩み咀嚼する努力をしないまま、見本をそのままのコピーしても何も身につきません。

 

ダイエットなどでも継続が困難なのは、

何かの切掛けで自分の体型体格に気付き「やせたい!」という思いが出て、

運動や食事制限をはじめても、またリバウンドしてしまう方もいらっしゃいます。

 

よく人は中々変われないといいますが、

そういった方は気付きがあっても、この「学ぶ」という前進の為の一歩が進めない、進ませ方がわからない=進ませるという概念と発想を持ったことがないのかも知れません。

 

病気は気付きでしかなく、健康から学ぶというのも、

実際に本当に健康になろうとする自助努力が大切なのだと思います。

 

前述のようにお礼を言って下さる嬉しい体験なども学びになるよう

一つ一つ努めていこうとおります。

 

 

さて、本題です。

前回は1月のオススメ商品のバンブジェルのお話をさせて頂きましたが、

2月のオススメ商品は「ホメオスター」です。

【手技道コラムNo.137】~骨折した場合どうしたらよいか~でも紹介させて頂きました。

 

はい、これですね。

IMG_2829

これがホメオスター。

222b5f7951934321a9c79b77c70b960d

このホメオスターについて紹介させて頂きたいと思います。

 

 

【商品名】ホメオスター

【内容量】(3g×30袋)×4

 

内容は小粒の錠剤が一袋につき15粒(3g)づつ封入されています。

これが30袋入ったものが更に4セット。

合計すると15×30×4=1800粒、1日1袋飲んだとしても約4ヶ月分!

かなりの量入っております。

IMG_2886 - コピー

通常1回に付き1袋(1日1-2回)を摂取しますが、15粒と多めなので、

飲みきれない方には、無理をせずに半分だとか数粒と少量を取って頂いています。

 

【成分】Ca(カルシウム)+サイトカイン+微量ミネラル

 

カルシウムは骨の元となるミネラルなのは、多くの方がご存知だと思います。

対して、いざ飲んでみて、どう効くのかは、あまり知られていないのではないでしょうか。

薬事法等の関係もあり効能として、どんなことに効くということを明記することは出来ませんが、

このホメオスターは「体に大切な免疫をあげる為の骨芽細胞を活性化し、体のバランスを整える」こと目的としています。

 

骨の材料はカルシウムですが

骨の作り手は、この骨芽細胞です。

骨芽細胞が活性化することで、材料であるカルシウムを骨に形成しやすくなります。

 

この骨芽細胞の働き具合を左右するのが、サイトカインです。

こういった生理作用に重要な役割を持つのが、ホルモンですが、

このサイトカインもホルモン同様の情報伝達機能を持つタンパク質です。

 

どんなに立派な木材(Caカルシウム)があっても、大工(骨芽細胞)が居なければ、家も建ちませんし、

大工も道具や設計図(サイトカイン)がなくては働くことも出来ません。

 

このサイトカインは能力があっても、方向性や目的のない細胞に、

特定の指示情報を与えて働けるようにするものです。

免疫で言えば、身体の中にウィルスや細菌等の悪い物質が入ったときや、がん細胞がある場合に、

「あ!これ、私にとって危険な異物だから退治できる細胞に教えなきゃ」という郵便屋の様な働きを持っています。

その為、サイトカインは免疫でも大変活躍します。

 

また、骨芽細胞には情報伝達物質(サイトカインやホルモン)が必要と言いましたが、

特に閉経後の女性は骨芽細胞の活性を促すエストロゲン(女性ホルモン)の低下により、

骨粗鬆症になりやすく成るので、特におすすめです。

但しそういった方は、胃腸機能が低下している方もいらっしゃいますので、

その場合は前述のように少量からの摂取をオススメしています。

 

骨折のコラムで、骨の問題の際には殆どの方にオススメしているとかきましたが、

一つ体験談として、

元々虚弱体質だった方がこのホメオスターを骨折時に大量に飲んだ所、

身体全体がしっかりと丈夫になったことが有ります。

ホメオスター以外に他のことを行って居ない時なので、効果が期待されています。

 

最後に裏話として、この商品は院長が昔尊敬していた先生が作ったものですが、

この方は口伝を大切にしていたため、書物にもネットにも情報が残っていません。

 

2月も後半に突入しましたが、

お電話頂ければ、販売も行いますので、是非ご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

 

担当:多治見 誠