身近な重金属の害!?

【手技道コラムNo.151】~身近な重金属の害!?~

2017.3.11

こんにちは、手技道の門田です。

先日来院された患者さんが、ヘルペスと風邪を併発していました。
免疫力が下がると、色々な症状が併発して起きてきます。
基本に立ち返り、手洗い、うがいもしっかりしていきましょう。

 

さて、今回は「身近な重金属の害!?」という事で書いていきたいと思います。

 

結構、インターネットや健康雑誌などを見ると「化学物質が問題」、
「重金属が体内に残っている」といった言葉を見る事が多くあると思います。

 

前々から不思議だったのですが、ではそういった重金属とは何だろう、
どうやって体内に入り込んでしまうのだろうという疑問を持っていました。

 

重金属とは、ミネラル(鉱物)は金属と非金属に分けられますが、
金属の中でも比重が4以上の約60元素が重金属です。

 

その中でも公害などでよく問題となる重金属は、
水銀、鉛、カドミウム、セレン、クロム、マンガン、
コバルト、ニッケル、銅、亜鉛、ビスマス、鉄などです。

また、亜金属であるヒ素やアンチモン、
軽金属であるアルミニウムやバナジウム、
ベリリウムは重金属ではありませんが、
対策が必要だと言われています。

 

ただ、重金属のすべてが体に悪いわけではなく、
人には鉄や亜鉛、銅、コバルト、マンガンなどは必要不可欠なので、
これらの金属は食物や地中、水中に含まれていなければ困るのですが、
水銀や鉛、カドミウムなどは生物にとって必要ないとされています。

 

高校の社会の勉強などで、イタイタイ病というのを習ったと思いますが、
その原因となっているのがカドミウムという物質で、
これが重金属と呼ばれているものですね。

 

ではどのような物質に含まれているのでしょうか?
これが意外と日常的に多く触れている機会が多いのです。

 

例えば、車の排気ガスやタバコには多くの重金属が含まれています。

タバコは受動喫煙の害が盛んに言われているように、
吸っていない人でも近くにいると、
有害な物質を吸い込んでしまうのですね。

 

最近あちこちで、聞かれるようになったpm2.5、
これも有害な重金属を含んでいます。

 

あとは、歯科の治療などで、昔はよく使われていたアマルガムという
銀のつめものにも水銀が含まれており、
それも長年使っていると体内に溜まっていってしまいます。

 

ここまで聞いて、あ、じゃあ私は近くにタバコを吸う人もいないし、
歯の治療もしていないから大丈夫と思ったら、それは大きな間違いです。

 

作物などを育てる時に、肥料などを与えますが、
その肥料やそもそも土にも含まれているので、ご飯を食べている以上、
絶対摂取していない事はほぼないと思っておいた方が良いと思います。

 

先日患者さんと話していて、ベーキングパウダー(ふくらし粉)の中に
アルミニウム入りとそうでない物がある事をお聞きしました。

厳密に言うと、ベーキングパウダーの中にある
ミョウバンという物質にアルミニウムが入っているんですね。

手作りでお菓子なんかを素材に拘って作ろうとしても、
そのベーキングパウダーがアルミニウム入りだったら、
結果的にアルミニウムを取ってしまっているという事になります。

 

以上の事から、ほぼ重金属を体の中に取り入れない事は
大変むずかしいというのが現状だと思います。

鉄とか亜鉛などは人間の体にも必要ですから、
全部なくすというのはそもそも不可能です。

しかし、何事にも限度というものがあるように、
取りすぎると体に様々な症状が出てきやすくなってきます。

 

特に神経系に作用しやすいので、集中力がなくなったり、
疲れやすくなったり、ホルモンバランスの乱れを起こす事も考えられます。

 

しばらく前ですが、舞台をやっている方が手技道に来院されて、
毎日毎日舞台の為に髪を染めてメイクをかなりされていたら、
ある日蕁麻疹が止まらなくなってしまった方がいらっしゃいました。

おそらく、重金属が皮膚にたまり過ぎて反応したのだろうと考えられます。

 

なかなか怖いですよね。

 

さて、対策方法ですが、
体内に取り入れない事が難しいなら出すしかないという事で、
身体から出す事を重点に考えた方が良いと思います。

 

若い人や体力がある人、言い換えれば免疫能力が高い人は
自然にそういった不必要な物質を排出できるのですが、
子供さんや、高齢者の方、また若い人なんかでも免疫能力が落ちている人は
上手く排出が出来ずに溜まっていってしまいます。

 

免疫を上げる為に、前回のコラムで取り上げた腎臓をよくする事も
一つの方法だと思いますが、適切な栄養をとる事も重要です。

 

 

ミネラル、ビタミンが十分に足りていないと、
体外に排出する機能が上手く働かないと言われています。

 

特に近年では、土の栄養が足りておらず野菜なんかでも、
同じ量をとっていても、昔の栄養素の半分くらいしかとれていないと
言っている人もいるくらいです。

 

意識的に良質なミネラル、ビタミンをとる事、
手技道でも販売しているミネラルなども良いのではないかと
個人的には思っています。

 

あ、後、何度もとりあげていますが、ボデトリートメントも良いですよ、
先程の蕁麻疹がとまらなくなってしまった人も
集中的にボディをやったら症状が改善しました。

免疫機能を良くする事で、
排出に重要な皮膚呼吸を強化できるので、
排毒には最適だと思います、

 

重金属が溜まっている場合だと、ボディの溶液をかけた時に
色が緑色や紫色が出てくる時があります。

終わった時には黒くなっているので、
かけている我々しかみれないのが残念ですが、
気になる方は終わった後聞いてみてください。

 

長々とお読みいただきありがとうございました。

今回はここまで。

 

ではまた。