【体の疲れ、緑内障(女性) vol.140】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【体の疲れ、緑内障(女性) vol.140】

2015.9.14

【かねま(女性)の声】-vol.140-
来院時の主な症状:体の疲れ、緑内障
施術担当者:門田(松プラン)

 

≪初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「一昨年頃から、身体が疲れやすく
なり、冷え(特に足)、頻尿、尿もれなど
の症状が出ていました。

また、長年の極度の近視、老眼に加え
緑内障が判明し、右眼は文庫本の文字
がぼやけて見える程、視野欠損が進んで
いました。」

 

≪症状の変化・感想≫
→「出産時に、時間がかかったことから
脳神経に麻痺があること。

そのことから知らないうちに心臓にも
負担をかけてきてしまったこと。

身体のねじれなど、今まで知らなかった
ことをたくさん教えていただき、毎回の
治療は痛さと驚きの連続です。

通い続けるうちに、痛みが少なくなり
良くなってきていると実感出来るように
なりました。

ぼんやりもやがかかったような視界は
以前よりくっきりとしてきました。

ところが、最近(ふだんは口にしない)
チョコレートを2日続けて食べてしまい
ました。

その後は、さわると膵臓のあたりが硬く
痛みます。

視界も以前のもやの中にもどってしまい
ました。

門田先生の治療で痛みは治りましたが
治療を後退させてしまったこと、何より
も身体に負担をかけてしまったと反省
しました。

これから、もとの状態に早く戻れるよう
自分でも出来ることはやっていきますので
どうぞ、宜しくお願い致します」

 

[担当の門田から、かねまさんへのメッセージ]
→「神経系に関して、大分、麻痺が
取れてきました。

やはり、チョコレートは手技道でも
悪魔の食べ物(笑)と言っているように
かなり強いです。

これもある種の学びとして、少し
ずつ、また体を戻していきましょう。」