【AI vs 人の価値 ~人を人として作り出すもの、脳の役割~】 ~手技道『院長ブログ』 in渋谷・目黒・神泉の整体院 Vol.12~|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【AI vs 人の価値 ~人を人として作り出すもの、脳の役割~】 ~手技道『院長ブログ』 in渋谷・目黒・神泉の整体院 Vol.12~

2019.6.14

こんにちは。

 

神泉・渋谷・目黒で41年目の整体院!

手技道 院長の村松努です。

 

6月9日に、

今年の「院長セミナー」

3回目が行われました。

 

(↑ 6/9に行われたセミナーの様子です)

 

今回は、

5月号の月刊誌「たなごころ」にも

書かせていただき、

 

まさに直近の

6月のセミナーでもお話しさせて

頂いた内容を今回は、紹介します。

 

テーマは、今話題の

「AI(人工知能)」です。

 

AIの発展、進化は凄まじいものがあります。

 

このAIが、もっともっと進化した時、

人は、どのようになってしまうのでしょうか?

 

皆さんのお考えは、

いかがでしょうか?

 

今回は、そんなことも考えながら、

ぜひ、お読みください。

 

 

■「脳」の位置付け

 

私は「精神」を、

 

霊魂、

魂、

心(意識⇒思いの世界、想念、想像)、

思考の世界

 

と4つに区分けしています。

 

思考の世界が脳であって、

脳は思いを集約し、集積し、

判断する場所です。

 

脳は人体の中でもその中枢を担い、

大変重要な機能をもちます。

 

 

■コンピューターの進化

 

21世紀後半からコンピューターが発達し、

今世紀に入ってコンピューターの進化は

めざましいものがあります。

 

コンピューターは、

磁気波動を活用したものです。

 

N極とS極、

それが記憶をつかさどり、

様々な情報を整理統合しているのです。

 

人間の脳もこれと

同じことをしていますが、

 

もはや記憶も判断も、

人間以上の能力をもつに至っています。

 

 

■人間の脳

 

人間の脳は思いの世界を

左脳で受け止め、

海馬を通して、

 

視床、視床下部、松果体で整理し、

右脳へとそのエネルギーが

送られます。

 

右脳は行動としての意志決定し、

行動へと移します。

 

思いの世界が意識として想像し、

想像が型として出ていくのです。

 

脳は生まれ、発達段階において、

古代脳(爬虫類脳)から哺乳類脳、

人間脳へと成長していきますが、

 

そこに機械的刺激から、

感覚、感情、情緒などが加わり、

それぞれの個性を培いながら、

自己の思考の基礎を培っていきます。

 

 

■記憶という集積

 

発達障害などのように生まれた時から

器質的問題をかかえる場合もあります。

 

様々な環境条件によっても

記憶変化があり、

思いの世界は、思考に変換される時、

 

個人個人の生きてきた

フィルターを通して、

行動も変化します。

 

脳は命を頂いたその日から、

記憶という集積が思いの世界を通して

思考という型になるのです。

 

 

■AIと思いの世界

 

ただ単に

記憶、解析、判断、回答、実行であれば、

現在はコンピューターにも可能です。

 

今後はここに思いの世界が

人と同じように機械が判断するか

否かなのです。

 

もしそれが可能になるなら

AIは人と同じ脳をもつことになります。

 

 

■おわりに

 

いかがだったでしょうか?

 

セミナーでは、

この文章に加え、

 

人間がもつ曖昧さ、間、

 

という話をさせて頂きました。

 

「まぁまぁ」「なぁなぁ」

 

このような曖昧さを

AIに組み込めた時、

人と同義になれると。

 

詳しくは、

割愛させて頂きますが、

とても腑に落ちた話でした。

 

 

まだまだ、今年の「院長セミナー」

続きますので、

ぜひ、お時間あれば、

お待ちしております。

 

 

大きな視点をもつ

良い機会となります!

 

何か質問があれば、

いつでも、お尋ねください。

 

 

みなさんにご多幸があることを

お祈りしております。

 

 

神泉・渋谷・目黒で41年!

手技道という整体院の院長の村松 努でした。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!