【51~70歳(どう生きたら) ~人生の反省と何を捉えたか 使命から天命~】 ~渋谷・神泉の整体院!! 院長のブログVol.7~|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【51~70歳(どう生きたら) ~人生の反省と何を捉えたか 使命から天命~】 ~渋谷・神泉の整体院!! 院長のブログVol.7~

2018.11.9

こんにちは。

 

渋谷・神泉で40年目の整体院!!

手技道の院長の村松努です。

 

10月にセミナーでお話し、

月刊誌「たなごころ」でも掲載した内容を

今月も紹介させていただきます。

 

 

今回は、

51歳から70歳までの時代を追います。

 

ぜひ、お読みください。

 

 

■51歳から70歳は、どんな時代か?

歳をとればとるほど、

時間の観念は早くなります。

 

50歳を過ぎると、

そろそろ、一生涯の集大成を向かえます。

 

自営業も会社員も全ての職につく人達は、

気力は残っていても、

体力等の理由から社会の中心から

離脱しなければならない人達はたくさんいます。

 

 

社会的地位、評価も様々ですし、

自身の周りの環境、豊かさ、

くらしぶり、家族関係、

 

自身に顧みれば、

これまでどう生きてきたか、

幸せだったか、

そうでもなかったのか、

 

自分は何をしたのか、

この後、何をしていくだろうか、

 

若い時に思った設計図が

どう具現化したか、

実践に見え、型となって現れ、

実際に感じられる年齢になったのです。

 

 

■肯定的人生?否定的人生?

良くやった、早かった、まだまだ、

それぞれの思いは、

ポジティブの肯定的人生だったか、

 

何をやってきたんだろう、

何もない、何もしていない、

人生なんだったんだろう等、

 

ネガティブ的、否定的な考え、

 

これらの両極を思い、考え、

悩み、反省し、

 

さらに次のステップに向け、

思考を高くしていく人、

すでにあきらめた人、様々です。

 

 

■どう生きたかが問われる!!

周りを見れば、亡くなった人もいる。

 

命とは何だろうか、

自分もこの先、どうなるのだろうか、

 

思いは終焉に向かって、

色々な思考をするのです。

 

 

この時期はどう生きるかではなく、

どう生きたかが問われる時です。

 

人生の反省と何を捉えたか、

それぞれがそれぞれの人生の中での

集大成がどうであったか、

 

すでに定めの中に宿命があり、

幾多の運命に見まわれ、

その時々の判断、決断で運命を切り開き、

使命を全うし、天命を掴んだ人もいるでしょう。

 

使命、天命など全くわからず、

人生を過ごした人もいるでしょう。

 

 

■これからの命のために

結果として、天は定めの中で、

一人一人の思いの世界に、

自身をどう投影し、

具現化するためを何をどう実践し、

生きてきたか、

 

そして、

それは自身が何を思い、

幸せであったか、不幸せであったか、

 

また、

楽しく人生を歩んできたか、

苦しみながら人生を歩んできたか、

 

これからの命のために、

この時期、一人一人に命ある限り、

命題を与えているのです。

 

 

■おわりに

昨今は、

「60歳定年の時代」から、

まだまだ、働ける年齢が

伸びる年代になっています。

 

 

皆様は、

70歳という年齢を

どう捉えていますか?

 

人生の集大成とはいえ、

まだまだ、夢がある方もいる

のかもしれません。

 

この時代に、

「死」について

考えたことがないという人は、

いないと思います。

 

ぜひ、今一度、

この時代を考えてみてください。

 

何か質問があれば、

いつでも、お尋ねください。

 

 

みなさんにご多幸があることを

お祈りしております。

 

渋谷・神泉で40年の整体院!!

手技道 院長の村松 努でした。

 

最後まで、お読みいただき、

ありがとうございました。