原遺障害(げんいしょうがい)について|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

原遺障害(げんいしょうがい)について

2015.5.12

正式に商標登録を取得した重要な症状を顕す新たな呼称であり、現在、まだほとんどの方が知りません。

「原遺障害」とは、例えば小さい頃・若い頃にあった記憶に残る打ち身、打撲、さらには、赤ん坊や1~2歳時など含め記憶に残っていない怪我や病気まで、どんなに古い原因でもこれらすべてが現在の症状の原因につながっているというものです。中には、出産の時に起こる原遺障害もあると考えられています。
誰でも原遺障害の可能性はあるのですが、自分でも気づけません。現在、手技道では、症状の原因の70%以上が『原遺障害』と考え、根本から追求し施術を行っています。手技道では病気の原因となる23種類のパターンに類別し、原遺障害を選定しています。あなたの心身の不調の原因が、どの原遺障害によるものかを探り当て、元の健康な体に戻していきます。

原遺障害の23パターン

①外傷性(打撲・骨折・捻挫・脱臼・肉離れ・腱断裂)
②スポーツ障害(連続的な支持組織系の緊張による原遺障害)
③構造的・慢性的原遺障害(仕事場の環境、動作などの癖等、支持組織系へのダメージ)
④日常習慣性によるもの(生活習慣の変化による一時的、経年的ダメージ)
⑤手術(手術の予後の原遺障害、筋・神経・細胞などの損傷)
⑥薬物(投薬・塗布剤・ホルモン剤等)
⑦化学物質(食品添加物・化粧品・ヘアケア剤・建築溶剤・繊維等)
⑧物理的(磁気・電気・磁場・電場・波動・音波等)
⑨食による原遺障害(食性によってのダメージ)
⑩一次性精神的ダメージ
(虐待・両親の離婚・幼少期のいじめー情緒・感情・社会形成時のダメージ)
⑪二次性精神的ダメージ
(社会生活におけるいじめ・失恋―社会形成時・形成後におけるダメージ)
⑫妊娠中・出産時における原遺障害(乳児・母体ともに)
⑬胎児原遺障害(胎児の成長段階において起きるもの)
⑭内臓未発達・発育不全による原遺障害
(先天的要因―DNA、RNAの関与・後天的要因―ホルモン器形など情報錯誤によるもの)
⑮遺伝的原遺障害(DNAレベルにおける細胞情報変性によるもの)
⑯感染による原遺障害(ウィルス・バクテリア・細菌等の感染によるもの)
※(口呼吸等習慣性によって体内に特異的な菌を多く持っている人たち)
※(副鼻腔炎・アデノイド等免疫系に関わる部位の損傷に由来するもの)
⑰病気後の原遺障害(熱、組織細胞の変性等)
⑱社会的原遺障害
⑲経済的原遺障害
⑳政治的原遺障害
㉑作為的原遺障害
㉒錯誤的原遺障害
㉓思想的原遺障害