【腰痛、更年期障害(50代・女性) vol.85 】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【腰痛、更年期障害(50代・女性) vol.85 】

2014.11.30

【K.K.さん(50代・女性)の声】
来院時の主な症状:『腰痛、更年期障害など』

K.K.さん

 

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「腰の右側に鈍痛を感じることがあり、整形外科に通いましたが原因を見つけることができませんでした。更年期に入り、病院に通いましたが良くならず、身体の不調が続き、やる気の低下が進んだのでなんとかしたいという気持ちで手技道へ来ました。」

 

≪②手技道の施術を通して初めて気付いたこと≫
→「大きな発見は、現在、自分の身体に起きている不調が過去の病気により起きているということです。手術して治ったと思っていましたが、そこからくる不調もあるということです。右側の腰の鈍痛は、骨の異常からくるものとわかりました。脳血虚発作による左側麻痺による原遺障害で、左右の身体がちがい、施術の痛みの感じ方の違いがわかりました。

 

≪③症状の変化・感想≫
→「パニック障害と言われたこともあり、精神的な弱さを感じていましたが、施術を一回一回受けることにより心が元気になっていくことを感じています。やる気が少しずつ出て、人前にも自信をもって出かけられるようになったことです。子どもに優しく接することができるようになりました。身体全体の硬さが抜けて元々の身体に戻っているようです。」

 

[担当の副院長から、K.Kさんへのメッセージ]
→「更年期に入ると女性の方は特に、体の不調の原因がわからず、気持ちが沈んでしまっている方も多いと思います。K.Kさんは、治療をしていく毎に自分の体が思っている以上に負担をかけている事に気づいてくださいました。前向きになり、行動的にもなり、自信もつき始めてきています。さらに体全体が細くなり、若返ってきました。治療をしていて、心が元気になっていただけると私自身も嬉しいです。今後も、よろしくお願いします。」