【原遺障害による様々な症状(60代・女性) vol.119】  |渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【原遺障害による様々な症状(60代・女性) vol.119】  

2015.5.11

【K.Nさん(60代・女性)のお声】

来院時の主な症状:『原遺障害による様々な症状』
施術コース:院長プラン、松プラン
担当施術者:院長、門田

 

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「20才の時、車に追突され、
28才位の時再び自動車事故にあう。

病院でレントゲンをとった所、
“前にむち打ちをやっていますね。
頸椎が陥没して回りの筋肉が骨化して
います。”と言われた。

そして、40才頃階段から落ち、
尾てい骨を思い切り打ち、脳貧血を
起こした。

45才頃風邪をひいて高熱を出した後、
鼻がスカスカすると思っていたが、
そのうち鼻の中が四方八方に引っぱられて
いるようで息をすると直接そこにあたって
痛くて苦しくて、病院を回ってもなおらず、
本当に困っていた。

知り合いに“気”の先生を紹介され
行ってみた所、体が反応した。

“自分でも気が出せる”という本を
書いていた先生なので、買ってやって
みた所、体内が動き出し鼻のまん中が
ぽきっといって左半身に血流が流れた
ような感じで気分が悪くなった。

その内、首がググっと上がり、
体がバタバタ動き出した。

しばらくして呼吸はつらくなくなった
が、この20年来体内が動いているのは
止まらず、色々な症状が出る。」

 

≪②症状の変化・感想≫
→「手技道に通いはじめて約1年
になるが、体内の動きが速くなり
体内の硬い部分がだんだん中心に
よってきたように感じる。

昨年の6月には、足先がはれ痛くて
普通に歩けなくなり、何事かと思った。

院長先生に原因を聞かれても困ったが、
その内に脚の外反母趾の指がだんだん
開いてきた。

この痛み、はれは3ヶ月位で消えた。

又、今年に入ってから治療が終わり、
夕食後腰の硬かった所がフっと取れ
気分が悪くなり、2日間寝込んだが、
同時に首の硬かった所が少し取れた。

大分良くなってきているので、
もう少しではないかと期待している。」

 

[担当の院長から、K.Nさんへのメッセージ]
→「K.Nさんは、なかなか面白い症状で
人が聞いていたら感覚的で何を言って
いるのだろうと思います。

しかし、例えば、“お腹に風が通る”
“頭がスースーする”等、人はそれぞれ
自分の感覚で症状を訴えようとします。

私ども手技道では、それを事実として
受け止め、その中からなぜそうなったのか
原因をさぐり出します。

K.Nさんの場合、頸椎、尾骨、頭に関連
する部位、特に正中線の前後、骨、神経に
症状が出る事が、過去の事象を見て分かりました。

その為、全部を正中線に戻す治療をしました。

治療過程で、それまで滞っていた部位に
反応が現れ、神経解除が起き、正常な状態
へと戻ります。

K.Nさんの場合は、現在の症状に至るまで
かなりの月日が経っているので、まだ完治
するまで多少時間がかかります。

しかし、治療を続ければ、それだけ早く完治します。

そして、その原因が他の病気へ転移
することはありません。

生まれてきた子の症状は、生後すぐなら、
頸椎捻挫の場合でも、数回で完治します。

年をとればとるほど、呼吸器、消化器、
循環器、神経系、筋肉系、内分泌系、
生殖器系などへ症状が広がっていきます。」

 

≪直筆アンケート≫