【顔のゆがみ、喘息など(50代・女性) vol.115】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【顔のゆがみ、喘息など(50代・女性) vol.115】

2015.4.15

【T.Tさん(50代・女性)のお声】

来院時の主な症状:『顔のゆがみ、喘息など』
施術コース:松プラン
担当施術者:副院長

 

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫

→「①顔のゆがみやむくみをとり、小顔に!!

②喘息…季節の変わり目など症状が出る場合が
あるので、その改善

③慢性膵炎や胃腸の体調を整える

④転倒し、尾てい骨を打ち、その後のケア・改善」

 

≪②症状の変化・感想≫

→「①顔のゆがみがなくなり、
下膨れがなくなり、友人・知人より
顔がひきしまったと言われるようになりました。

②喘息の発作もほとんどありません。

③胃腸の調子も良くなり、食欲も出て、
元気になりました。

④体の姿勢を意識するようになり、
歩き方も気を付けると共に、転倒しにくく、
体自体が軽く動かせるようになり、
何より活動的に行動できるようになりました。」

 

[担当の副院長から、T.Tさんへのメッセージ]

→「喘息、フェイス、胃腸、尾骨打撲と
原遺障害を含めて数多くの不調があります。

なので、体のゆがみを調整しながら
部分的に調子が悪い場所から
治療しております。

小顔の施術では、最初に、
顔の「むくみ」を取ることが大切です。

「むくみ」は、老廃物の沈滞によって
できるものです。

「むくみ」が原因で、顔が大きく見えたり、
膨らんで見えたりすることも多いのです。

顔は老廃物が溜まりやすい場所なので、
最初に、しっかりリンパを流す施術から
はじめます。

定期的に来院いただけるので、

確実に症状が軽減し、元気になっています。」

 

≪直筆アンケート≫

津山誉子