【頚椎損傷、骨盤調整(0歳の赤ちゃん・お母さん) vol.15】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【頚椎損傷、骨盤調整(0歳の赤ちゃん・お母さん) vol.15】

2014.3.29

【Y-babyさん(0歳の赤ちゃん)の声】
来院時の主な症状:お母様⇒『骨盤調整』、赤ちゃん⇒『第一頸椎の損傷』

Ybabyさん

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「母親である私(30代)が以前から10年ほど手技道にお世話になっており、出産後の骨盤を診ていただく為に訪れた時に、赤ちゃんも診ていただきました。」

≪②手技道の施術を通して初めて気付いたこと≫
→「生後3ヶ月なのですが、よく身体を動かし、元気な子だと思っていました。特に右足のキックが強いと思っていました(キック力が強く、蹴られるとあざができます…。)。分娩時間が長く(14時間)、第一頸椎に影響が出てしまって、左足の動きが鈍いということでした。」

≪③症状の変化・感想≫
→「首と左足の付け根を施術していただいたところ、左足も以前に比べると強く動かすようになりました。右利きなのかなぁと、特に問題感じていたわけではないのですが、施術前後の変化が目に見えて分かりました。左足も動かしていたし、特に痛そうにしていることもなかったので親である私が問題だと感じていませんでした。幼い時に施術をすると、治りも早いと聞きました。早めに見ていただいて良かったです。ありがとうございます!」

[担当の副院長からのメッセージ]
→「主産後、骨盤調整(開いていた骨盤を閉めるため)に来院してくださいました。赤ちゃんも一緒だったので、院長にも診てもらいました。右足の動きが速かったのですが、両方のキックが同じように力強く出来るようになりました。今回は、第一頸椎の損傷を施術させていただきました。一見、元気に育っている赤ちゃんも、出産時の原遺障害を抱えているケースが多々あります。施術は、早ければ早いほど(産まれたばかりの赤ちゃんがベスト!)、症状の改善もとても早いです。今後、より元気いっぱいに育ってくれることを願っています。」