【左半身の不調、胃もたれ、目の疲れ(50代・女性) vol.25】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【左半身の不調、胃もたれ、目の疲れ(50代・女性) vol.25】

2014.5.28

【Tさん(50代・女性)の声】
来院時の主な症状:『左半身の不調、胃もたれ、目の疲れなど』

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「身体の左側の不調(特に股関節、左足首等)、胃もたれ(唾を飲み込んでも喉まであがってくる、子供の頃からずっとそうだったので、それが当たり前だと思っていた)、目の疲れ、便秘」

≪②手技道の施術を通して初めて気付いたこと≫
→「子供の頃に打撲した事や、尻もちをついた事等がすごく体に悪影響を及ぼしていた事、また、食べすぎが恐ろしいくらいに自分自身の体を痛めつけているという事に気づかされました。」

≪③症状の変化・感想≫
→「今回で6回目になります。初回は、あまりの痛さについ「痛ッ・・・」と声が出てしまいました。特に神経解除の鍼があんまり痛いので、ちょっと恐怖に感じていましたが、何故か鼻と口唇の鍼は一番痛いのに鍼が終わると鼻がスッキリ、目もスッキリとして気持ちいいのです。とても不思議です。いつも副院長先生にお世話になっており、施術してもらう度に身体は軽くなり、体調も良くなっているのが自分でよくわかります。背筋を伸ばしたまま椅子に座るのがあんなに辛かったのが、今では無理することなく長時間でも座っていられます。副院長先生、いつもありがとうございます。先生の施術で身体も随分良くなっています。感謝致します。」

[担当の副院長から、Tさんへのメッセージ]
→「いつも遠方から御来院頂き、誠にありがとうございます。原遺障害からプライベートのことでの過労など、精神的に行き詰まり来院されていますが、施術が進むにつれて随分気持ちにもゆとりが出て、身体もあちらこちら、大変よくなってきています。「神経解除」の鍼は、手技道独自の場所に打ちますので、最初はビックリされる方もいますが、刺鍼後は、Tさんのように「目がスッキリとして気持ちがいい」と多くの方に効果を実感していただいております。これからも、心身ともに更に健康にしていきましょう!」