【自身の健康に対する過信(30代・女性) vol.20】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【自身の健康に対する過信(30代・女性) vol.20】

2014.4.23

【Sophiaさん(30代・女性)の声】
来院時の主な理由:『健康を過信していたこと』

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「自分は健康であると過信していたこと(病気ではない)」

≪②手技道の施術を通して初めて気付いたこと≫
→「感覚神経が麻痺した状態にあること」

≪③症状の変化・感想≫
→「少しずつの変化で多治見先生を困らせていますが、本来あるべき状態に変化することで、必要な休息をきちんととったり、自分の体を見つめることで、日々の生活で体と心のつながりを自覚しながら思いっきり日々をenjoyできるようになり、感謝しています。いつもありがとうございます。」

[担当の多治見から、Sophiaさんへのメッセージ]
→「職業柄、人に尽くす為にエネルギーが枯渇しかかっていますが、以前よりはたいぶ元気になってきました。いつも院長がよく言っていますが、何も知らずに自分は健康であると過信することは、とても恐ろしいことです。Sophiaさんから私もたくさんのことを勉強させていただいております。着実に向上しておりますので、これからもお身体を診させていただければと思います。」