【知的障害、精神遅滞(20代・男性) vol.10】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【知的障害、精神遅滞(20代・男性) vol.10】

2014.3.29

【寺田 遥人さん(20代・男性)のお母様の声】
来院時の主な症状:『知的障害(精神遅滞)』

寺田遥人

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「知的障害」

≪②手技道の施術を通して初めて気付いたこと≫
→「心臓に負担がかかっていること。足が敏感なこと。」

≪③症状の変化・感想≫
→「院内で院長などから口頭で言われたことを、ちゃんと覚えていて、私に伝えることができる。それが、しっかりできるようになってきたのかなと思います。以前よりも感情を表に出すようになりました。特に怒りの感情です。一見、悪いことのように思いますが、小さい頃は、それがなかったようにも思います。感情を出すということは、良いことだと思いますし、それを自分でコントロールしていくようになってくれればいいなと思っております。」

[担当の院長からのメッセージ]
→「御両親の努力には、頭が下がります。身体へのアプローチは、下腿の過敏性が、なかなか取れないので、これを解除してから脳へのアプローチをする予定です。肺梗塞と同じように、出産時、出産後に脳への酸素不足が原因でおきる知的障害(精神遅滞)に悩まれている方はとても多いと思います。通常レベルまで戻したいという思いで、今は施術を行っています。一緒に頑張っていきましょう!」