【膠原病による諸症状(50代・女性) vol.38】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【膠原病による諸症状(50代・女性) vol.38】

2014.8.22

【亜侑さん(50代・女性)の声】
来院時の主な症状:『膠原病による諸症状など』

亜侑さん

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「40年来の膠原病による諸症状、ステロイド内服による副作用、ひどいふらつき等」

 

≪②手技道の施術を通して初めて気付いたこと≫
→「体はすべてつながっていることを知ると共に、自分では気付かなかった悪いところがどんどん出てきました。また、食べ物による影響がこれほど大きいとは知らなかったので、新たな発見でした。」

 

≪③症状の変化・感想≫
→「ひどかった眼振がだいぶ、ましになり、痛みに対して鈍っていた感覚が戻ってきました。西洋医学や他の施術では良くならなかった症状が改善されて、とてもありがだいです。手技道に通い始めて半年経った今では、難病をもつ私でも元気になれそうな気がしています。」

 

[担当の多治見から、亜侑さんへのメッセージ]
→「手技道は、もともとは西洋医学のみでは治療しにくい難病の患者さんや、原遺障害に悩む患者さんのために、西洋医学・東洋医学双方の見地から確立された療法です。亜侑さんは、生まれた時からの様々な症状がある中、それらを乗り越え、翻訳という仕事までこなされている素晴らしいお方です。一歩ずつ着実に、眼振や感覚、歩行、瞳の輝き、エネルギー等、様々に変化しています。亜侑さんが手技道に出会ってくださって、たとえ難病でも元気になれそうだという希望を見出していただいて、本当に良かったと心から実感します。もっともっと歩き方も生活も楽になりますので、これからも宜しくお願い致します。」