【むち打ち、腰痛、背中のつっぱり(50代・男性) vol.17】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【むち打ち、腰痛、背中のつっぱり(50代・男性) vol.17】

2014.4.23

【中島 克浩さん(53才・男性)の声】
来院時の主な症状:『ムチ打ち、腰痛、背中のつっぱり』等

中島さん

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「ムチ打ち、腰痛、背中のつっぱり、左腕のだるさとシビレ。12才の時にブランコからの落下、20才の時に交通事故、38才の時にカイロプラティックの矯正にて、いつも何らかの症状が続いていました。三重苦に悩まされていました。」

≪②手技道の施術を通して初めて気付いたこと≫
→「年十年も昔に起ったことは、自然に治癒していたと思っていたのですが、それが残った状態で次の負担として事故を起こしたりと、繰り返すことでもっとひどい状態になっていたことを気づかせてくださいました。痛みで自覚しますが、良くなる方法がわからないでいました。」

≪③症状の変化・感想≫
→「紹介の時に話には聞いていましたが、もう十分以上の痛みとして出てきます。悪いところ、治さなければいけないところを施術中にずっと感じていることに、脳は悲鳴をあげます。しかし、続けているとほっとした感じとなり、良くなっているのです。不思議と体の仕組みを感じる時に思わず納得です。ありがとうございます。」

[担当の院長から、中島さんへのメッセージ]
→「何十年もご苦労様でした。中島さんのように、良くなる方法がわからず何十年も苦しんだり、悩んだりすることは本当に辛いことです。今の医学の考え方に『原遺障害』をいう言葉はありません。中島さんのように、12才の時のケガからその後のケガも含め、常に体へ異常を訴えていたにも関わらず、治す術がなかった方々はたくさんいます。中島さんが何十年も苦しんだり、悩んだりしていること、手技道の施術を何回か受けていただければ完治です。同じような症状で苦しんでいる方々は是非ご相談ください。」