【歌いづらい音域がある、アレルギー(20代・女性) vol.29】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【歌いづらい音域がある、アレルギー(20代・女性) vol.29】

2014.5.28

【めぐさん(20代・女性)の声】
来院時の主な症状:『歌いづらい音域がある、アレルギーなど』

めぐさん

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「歌っていて出しづらい音域があった事、アレルギーが多数ある事、精神的に不安定だった事」

≪②手技道の施術を通して初めて気付いたこと≫
→「ほとんど覚えていないような幼い頃の怪我が、体に影響を及ぼしていたという事。よかれと思っていた食生活が、実は自分には合っていなかったという事。」

≪③症状の変化・感想≫
→「施術後に、声の出が違う事がすぐにわかりました。周りからも、『なんだか声、調子よくなったね!』と言われ、とっても嬉しいです。好きな事が思うようにできないと、一番ストレスになります。体が思うように使う事ができると、こんなに楽に声が出るんだと驚き、私はまだまだできるんだ!と、意欲がわいてきます。新たな翼を授けて頂いたような気分になりました。これからも舞台で輝く自分づくりのため、また、良い母になるため、手技道で学ばせて頂きながら体をつくっていきたいと思います。本当にありがとうございます、そしてこれからもよろしくお願い致します。」

[担当の院長から、めぐさんへのメッセージ]
→「自分では知らない事がたくさんあります。原遺障害もその一つですが、声は全身で出しています。踵、恥骨、尾骨、殿部、脊椎、腹膜、横隔膜、声帯、すべてが声に影響します。皆様どうでしょう、知っていましたか?声は人間そのものなのです。ですから、言葉を『ことだま』、素晴らしい歌声を『天使の声』と言うのです。めぐさんは、ご家族みなさんで音楽活動をされており、家族想いの大変優しいお方です。施術の効果を実感し、頑張る意欲が沸いてきたと仰っていただき、大変ありがたい限りです。めぐさんも益々素晴らしい歌声で皆様を楽しませるだけではなく、多くの人々に勇気を与えてください。」