【手技道コラムNo.61】~高血圧予防には足元から~|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【手技道コラムNo.61】~高血圧予防には足元から~

2015.6.4

こんにちは、手技道バイオバランスセンターの門田です。

ここ最近一段と暑い日が続いております。
ニュースによると5月の気温は過去最高のようです。
夏には早いですが、熱中症等、体調崩されないよう、水分補給はしっかりなさってください。

さて、今回は「高血圧予防には足元から」という事で、高血圧予防にもなる足の運動をご紹介したいと思います。

足は第二の心臓と言われているほど、血液の循環に作用し、足元が健康な人は体も丈夫だと言われています。
足の趾、それぞれにも対応しているところがあり、

第1趾(←足の趾はこう呼びます) 首、肝臓(指の付け根)
第2趾              胃などの消化器系
第3趾(特に趾の裏側)      頭
第4趾              目、側頭部など体の横側
第5趾              背中

というように様々な反応がでます。
また、足首、かかとは心臓、腎臓に関連が深く、この二つをよく回すことによって血圧が下がっていくのです。

写真付きでやり方を見ていきましょう。

まず、足首です。

あぐらをかきます。
内くるぶし、外くるぶしの若干下のくぼみに指をあてます。

足首

もう一方の手で足の趾先全体を抱えこむように持ち、回していきます。

足首2

持ちにくければ、足の趾の間に指をはさんで回しても大丈夫です。

 次はかかとです。

あぐらをかくのは同じです。
片方の手でかかと全体を覆うように持ち、もう片方の手で先ほどと同じように足先を持ちます。

足首3

なかなか動かないと思いますが、押し動かすようにぐりぐりと回します。
回数は何回でも大丈夫ですが、最初は5回とか10回ぐらいを目安にすると良いと思います。

回せば回すほど、循環が良くなるので、ちょっと空いた時間など有効に活用してみて下さい。

では、また。

お読みいただきありがとうございました。