【手技道コラムNo.57】~自分で出来る外反母趾の治し方 パート1~|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【手技道コラムNo.57】~自分で出来る外反母趾の治し方 パート1~

2015.4.25

12

こんにちは、手技道バイオバランスセンターの門田です。

 

ここ最近大気が不安定なせいか、雨の日が続いたり、

強風がありますが、皆様体調大丈夫でしょうか?

低気圧の影響もあり、ぎっくり腰や首が回らないといった

症状が出ていますので、お気をつけ下さい。

 

さて、今回は「自分で出来る外反母趾の治し方 パート1」と

いう事で、外反拇趾と言われる、足の親指が外側にねじれる事

により、足の親指の付け根が内側に出っ張ってくる症状について

書かせて頂きたいと思います。

7442223[1]

 

こんな形が外反母趾と呼ばれる状態です。

 

こうなってしまう理由は様々にありますが、

一つには女性が良く履くかかとの高い、

6cm以上のヒール等を履く事によって、

親指に過度の負荷がかかり、ねじれてしまう事が

原因と言われています。

 

ただ、これは間違ってはいないのですが、一側面からみた

理由であって、本当の理由は別にあります。

 

足は親指の付け根、小指の付け根、かかとの少し前にある点

(これを手技道では村松正中点と呼びます)の3点で

体の全体重を支えています。

これが、おしりから下の裏側の筋肉が弱く、体重が前にかかり過ぎて

しまい、親指に過度に体重がかかってしまい、それを支えようとして

ねじれてしまったのが外反母趾なのです。

 

上記のヒールの高い靴を履いてねじれてしまった場合も

もともと後ろ側の筋肉が弱く、それがヒールをはくことにより

もっとひどくなってしまい、外反拇趾になってしまったという事なのです。

 

ではどうすれば良いかというと、もうわかりますね。

そう、後ろ側の筋肉を鍛えれば良いのです。

 

ただ、ちゃんとした姿勢でやらないとまたねじれてしまうので、

ここからは画像で説明します。

 

まず段差があるところににぎりこぶし一個分離れて立ちます

この時に足が半分空中に浮いたような形で立ってください。

足

 

その次に足のかかとと指が一直線になるようにします。

足2

 

最後にそのままかかとが内側に入らないよう、まっすぐ上に上げます。

足3 足4

これをまず5回ぐらいやってみて下さい。

 

最初の内は手を横の壁等について、支えありでやっても大丈夫です。

 

それでも結構きついと思います。

 

次回後2種類運動法をお伝えしますので、

まずはこれをしっかり出来るようにやってみて下さい。

 

お読み頂きありがとうございました。

 

ではまた。