【不動性眩暈、聴力の低下(40代・女性) vol.176】|渋谷、目黒の整体なら手技道へ | あなたの健康と美を手助けします

【不動性眩暈、聴力の低下(40代・女性) vol.176】

2018.5.5

【まるちゃん さん(40代・女性)の声】-vol.176-
来院時の主な症状:不動性眩暈、聴力の低下
施術担当者:松プラン(多治見&門田)

 

≪①初めて来院した時の症状・悩んでいたこと≫
→「一ヶ月程前に、中耳炎の症状があったのを

発端に、不動性眩暈、耳に膜がはったような

状態になり、聴力が低下していました。

 

左耳に膜がはったような状態が続いたため、

鼓膜切開、空気抜き等も試みましたが、改善せず。

 

眩暈や聴力低下について、耳鼻科では

『血流不良による内耳機能低下』という

ことで、『血流改善剤とビタミン剤』が

処方されていましたが、一向に効果がなく

このまま耳に膜がはったような聞こえづらい

状態が続いたら困ると心配の中で来院しました。」

 

≪②症状の変化・感想≫

→「遠方に住んでいるため定期的には

通えないため、集中して2週間の間に

4回来院させて頂きました。

 

初回の施術では、『リンパの流れ』を診て

頂きました。

 

1回目の施術後は、体の疲れがだいぶほぐれた

ことを実感(その日の夜は普段感じないくらいの

倦怠感でいた)し、耳の状態は改善までには

至っていませんでしたが、

 

翌日には、耳の空気抜きが少しできるようになり、

2回目の施術で、耳の違和感がだいぶ消え、

膜がはった状態が改善しました。

 

体の疲労が腎臓、リンパの流れの滞りを引き起こし、

耳の症状として現れたとのことでしたが、本当に

施術のお陰で症状が改善し、感謝です!!」

 

 

[担当の多治見から、まるちゃんさんへのメッセージ]
→「耳や眩暈の症状は、急に起こるものではなく

長年の蓄積であることが多いので、体全体の疲労

とともに、治っていきます。

 

一途な方ですので、治るのも早いと思います。(多治見)

 

眩暈、耳の状態は、特に腎臓の機能低下と

密接に関係します。

 

早めに処置が出来たことが、改善に

つながったと思います。(門田)」

 

≪直筆アンケート≫